fantom_zona’s diary

合成生物学(と最近では神経変性疾患)

UCSD Roy lab その3

これ。 顕微鏡の自動サンプリングシステムを使って、aSynによるvesicleダイナミクスのunbiasedな解析をした論文。系が面白い。もう写真撮る過程のbiasは無いものと信じるしかないからな。「PDと小胞輸送の関連はもう前から言われていたけど、aSynはpreにいる…

メモ

エクソソームについて調べていたところ、まとまった日本語のページがあったので貼っておく。 aging.wiki.fc2.com

parkin translocationによるhigh content RNAi screening

これ parkinのtranslocationを利用するのは賢いと思った。これ以外だと変性疾患だとtau, Aβ, αSynあたりかな。high content screeningってやつ、うまい指標を作るのが面倒くさそう。 今やるならCRISPRなのかな?ここら辺の優劣はなぞ。RNAiは結構細胞内が変…

メモ

実験に際するメモ wide fieldは退色が少ないがフォーカス面がずれるのがでかい。 confocalはオートフォーカスができるけども、退色が強く細胞障害性が大きい。

コネクトームをシーケンサーに掛ける?

今回はこれ アイデアがすごい好き。 僕はわりかし最近に存在をしったけど、DNAバーコードのアイデア自体は結構前からあったらしい。 神経科学は、一昔前の遺伝学みたいな感じで泥臭く一個一個読やっていくしかないのかなって思ってたんだけども、案外そうで…

UCSDのRoy labの続き

先日のRoy labから出た論文が非常に参考になると分かったので、しばらくはここの研究室の論文を読むことにする。 とりあえずこれ。アルツハイマー病(AD)はAPPがγ, β secretaseによって切断されることによって生成されたAβが凝集することが特徴的。最も多い神…

細胞質のたんぱく質はどのようにして軸索輸送されるか?

これはすごい。殆ど画像解析とあとはシンプルな実験だけで、軸索輸送の新しい形を示している。確かに言われてみればcytosolのタンパクは軸索を移動しているのかは知らない。localに作られているのかな?くらいにしか思わなかった。画像解析を使った研究とし…

PINK1とPARKINの論文

随分と前に読んだ論文だが、最近ではここに書かれてるmitophagy以外にもmitochondriaのquality controlがもっと色々あると分かりつつあるらしい。 変性疾患というと、病理でナントカ小体が蓄積するっていうのがイメージされるが、実際の病理像は原因遺伝子と…

Epigenetic Landscapes Explain Partially Reprogrammed Cells and Identify Key Reprogramming Genes

軽い紹介 リプログラミングと連想記憶って似てるんじゃないということから、スピングラスの物理を使ってWaddington's landscapeを作ってみたという論文。 アレイのデータから発現量をバイナリ化して扱ってる。バイナリ化の根拠として、ヒストン修飾を調べて…

改変Notch受容体による細胞間コミュニケーション

この前出た、"Engineering Customized Cell Sensing and Response Behaviors Using Synthetic Notch Receptors"の紹介を軽くします。 先行研究に関する言及なんかには気が向いたら書き加えます。 概要 Notch受容体の細胞内/外のドメインをカスタムすることで…