fantom_zona’s diary

合成生物学(と最近では神経変性疾患)

parkin translocationによるhigh content RNAi screening

これ

parkinのtranslocationを利用するのは賢いと思った。
これ以外だと変性疾患だとtau, Aβ, αSynあたりかな。
high content screeningってやつ、うまい指標を作るのが面倒くさそう。

今やるならCRISPRなのかな?ここら辺の優劣はなぞ。
RNAiは結構細胞内が変化するって話を聞いたことがあるけど本当なんだろうか?
gRNAのライブラリってどこかでもう売ってるのかな?